カテゴリー
学習 英語

フランスのパン屋で、生活のささやかな喜びを見つける

Finding life’s little delights in French bakeries

Every morning French bakers begin working before the first light of day, preparing a selection of croissants, brioches, crusty breads and the star of French meals, baguettes.


毎朝、フランスのパン職人たちは夜明前から仕事を始め、クロワッサン、ブリオッシュ、堅焼きパン、そしてフランスの食事の主役、バゲットといった品ぞろえを準備します。


I remember walking with my dad early in the morning to the closest bakery to our home to get our bread for the day. He would ask me what I wanted, and I would guiltily stare at the wonderful display of freshly baked puffs and pastries, wondering if I should get the one with the chocolate, the raisins or a simple brioche topped with sugar.


その日のパンを買うために、朝早く家から一番近いパン屋まで父と歩いて行ったのを覚えています。父は私に何が欲しいかと聞き、私はできたての(軽い)焼き菓子や(パイやタルトなどの)ペストリーの魅力的な陳列棚を後ろめたい気持ちで見つめ、チョコのにしようか、レーズン入りのにしようか、それとも砂糖をまぶした簡素なプリオッシュにしようかと悩んだものです。


I grew up on homemade meals and baking in the afternoon with my mom and sisters. We often ate out at restaurants, too, which is a common practice among French families with little children. My parents were friends with various chefs, who gave me insights of what working at a restaurant was like. The restaurants had huge kitchens with a separate area for desserts. They had a room for chocolate only, where the temperature wouldn’t rise above 21degrees.


私は、母と姉妹たちとが午後にしていたパン作りや、自家製料理で育ちました。私たちはよくレストランでも外食しましたが、幼い子供のいるフランスの家庭では、一般的なことです。両親は様々な料理人と友達で、私は、レストランで働くという事がどんな感じか、彼らから深く知る事になりました。それらのレストランには、広々としたキッチンがあり、デザート用に別のスペースがありました。チョコレート専用の部屋があって、底は室温が21度を超えないようになっていました。


Confectioners are the first to arrive, and they prepare every component that is used to make the sweets. They are also the last to leave, cleaning up after last customers finish their desserts.


菓子職人たちは一番乗りでやってきて、デザートを作るのにつかわれるパーツ一つ一つを準備します。彼らは、最後の客がデザートを食べ終わってから片付けをするので、帰るのも最後です。


My first full-time job in Japan was at a bakery. Bakers worked precisely and with devotion in order to make each piece perfect. Nowadays, well-known French bakers and confectioners view Japan as a highly skilled scene full of passionate and creative chefs.


私が日本でついた最初の常勤の仕事は、パン屋でした。それぞれの品を完璧なものに仕上げようと、パン職人は緻密に、そして献身的に働いていました。最近では、フランスの有名なパン職人や菓子職人は、日本を熱心で想像力豊かなシェフたちがあふれる技術力ある場所ととらえています。