カテゴリー
学習 英語

第二外国語わお話すこと:口を開けても何も出て来ない

Speaking a second language: Mouth opens, nothing comes out

I’m trying to study Japanese. I use the word trying because I feel like a complete dummy as vocabulary and grammar go in one ear and out the other.

私は日本語を学ぼうと頑張っています。頑張っているとしたのは、単語や文法が耳に入っても記憶に残らず、自分のことを本当に愚かに感じるからです。


I take classes at night after work and while in class I sometimes feel competent. Struggling with speaking Japanese in my daily life, I feel uncomfortable, as if nothing I say would make sense and I worry about making mistakes. When I told my concerns to a Japanese friend, she said she felt the same way about practicing English.


私は夜、仕事帰りに授業を受けていますが、授業中は自分には日本語力があるように感じるときがあります。日々の生活の中では日本語を話すのに四苦八苦していて、自分の言うことが何一つ通じないかのように感じて居心地が悪くなりますし、間違えるのではないかと心配になります。この悩みを日本人の友人に話すと、彼女は自分が英語を使う時も同じように感じると言いました。


She confessed that she recently was trying to give directions in English to a lost tourist but her brain had forgotten everything. She said she struggled with left and right and could have given him the wrong directions.

彼女は最近、道に迷った旅行者に英語で道案内を使用としましたが、頭が真っ白になったと打ち明けてくれました。左と右で悩み、彼に間違った道を教えてしまったかもしれないと言いました。

She felt uneasy that her studies were a waste of time. I told her I have the same experience when trying to speak Japanese. I said to her, It’s a lot like stage fright. You know all your lines in a play but the minute the curtains open on stage, your brain goes empty.

彼女は今までの勉強が時間の無駄だったのではないかと不安に感じていました。私も日本語を話そうとする時に同じ経験があると伝えました。そしてこう言いました。「舞台負けにとても良く似ているよね。自分の芝居のセリフは全てわかっているのに、幕が上がったとたんに頭が空っぽになっちゃう」

And yet, during this conversation, we completely understood each other’s broken English and Japanese. I concluded that the reason was the lack of pressure. She didn’t expect perfect Japanese from me and, I didn’t expect perfect English from her.

そういいながらもこの会話の間、私たちはお互いの片言の英語と日本語を完璧に理解しあっていました。それはつまり、プレッシャーがないからだと私は思いました。彼女は私に完璧な日本語を期待していませんでしたし、私の方も彼女に完璧な英語をきたいしていませんでした。

Neither of us felt pressure to speak our second languages perfectly. I think the true path to becoming better at a new language is to remove the pressure to be perfectionists.

私たちは二人とも、第二言語を完璧に話さなければならないというプレッシャーを感じていなかったのです。新しい言葉を上達させるための王道は、間違ってはいけないというプレッシャーを振り払うことだと私は思います。