カテゴリー
学習 英語

言葉の山を登りに、再び学校へ

Going back to school to climb the language mountain

After spending a year in Tokyo, testing the waters of life in the capital, I decided to break the language barrier by attending a language school.


この国の首都での生活がどんなものかを知るために東京で一年間過ごした後、私は語学学校に通って言葉の壁を打ち破る事にしました。

When I was young, I was never a really good student. But I felt something was different this time. I had an extremely strong will that was lacking in my school days.

若いころ、良い学生だった試しは一度もありません。でも、今回は何かが違うと感じたのです。私には、学生時代には欠けていたとても頑固な意思がありました。

Two things motivated me; I was irresistibly attracted to this country and its language. Also, I had the strangest feeling of getting used to hearing a language but not being able to understand it.

二つのことがきっかけとなりました。それは日本と日本語に、とてつもなく魅力を感じていたこと。そして、言葉が耳に入ってきても理解できないという状況に慣れる、そんな今までにない奇妙な感覚を持ったのです。

The school I chose to study at didn’t have any French students. The majority were Korean, Chinese and Nepalese. People from different backgrounds gathered, and the age difference the class was sometimes awkward. But everyone was highly motivated and focused in class. I had a feeling quite different from when I was younger: We all wanted to be here.

勉強するために私が選んだ学校には、フランス人の学生は一人もいませんでした。ほとんどが韓国人か中国人、そせてネパール人でした。様々な経歴の人が集まっていて、クラス内での年齢差に違和感を感じることもありました。でも、授業ではだれもがやる気に満ち、集中していました。若いころとはかなり違う感覚でした。私たちは皆、そこに居たくて集まっていたのです。

For a while, I felt like I was stuck at the bottom of a mountain. But the teachers had my back. The school had its own original textbooks that were written by veteran instructors and a great method to help us learn. Teachers felt responsible for the students. Instructors knew exactly what they were doing and how to lead us to goals.

しばらくの間、私は山のふもとで身動きが取れないように感じていました。でみ、先生方が支えになってくれました。学校は、経験豊かな講師たちによって書かれた独自のテキストと、学習を手助けしてくれる授業法がありました。教師は生徒たちに責任を感じていました。今に何をしているのか、そしてどのように私たちを目標達成に導けるかを、はっきりとわかっていました。

A few years and a baby later, I am facing new language challenges. But thanks new language challenges. But thanks to the guidance of amazing people in that year in school, I am finding my way in the mountains of the Japanese language.

数年と赤ん坊出産の後、私は新たな言語の課題に直面しています。でも、その年、学校で出会った素晴らしい人たちのおかげで、私は日本語という言葉の山の中で進むべき道を見つけつつあります。

作成者: hijirishinn

中学校で不登校になり、教養やマナーといった常識も全くなく、キャリアもスキルも何もない、大食いと足の大きさだけが取り柄の20代前半男です。学生時代の頃は、ほとんどの時間をアルバイトとゲームに費やしました。お陰で社会に出てから自分の常識のなさが情けなく、馬鹿なりに毎日勉強しています。

「言葉の山を登りに、再び学校へ」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です