カテゴリー
学習 英語

多彩なチーズ—とにかく何でも、フランスにはあります

Multitudes of cheese: You name it, France has it

Charles de Gaulle famously asked: ”How can you govern a country that has 258 varieties of cheese?” Even back then he may have been off by a few hundred, but nowadays, you could say he missed about a thousand of them.

シャルル・ドゴールがかつてこう言ったことはよく知られています—「258種類ものチーズがある国を、一体どうやって治められようか?」。当時でさえ、彼が挙げた数字は現実からは数百とずれていたと思いますが、今なら千余りを見落としていたことになるでしょう。

According to the National Interprofessional Centre of the Dairy Economy(CNIEL), France produces more than 1,200 varieties of cheese. There’s fresh cheese, soft cheese, hard, washed, veined, goat’s milk and many more. You name it, France has it.

CNIEL(フランス全国酪農経済センター)によると、フランスは1200種類を超えるチーズを生産しています。フレッシュチーズにソフトチーズ、ハードタイプ、ウォレッシュタイプ、青かび、ヤギ乳(シェーブル)をはじめ、さらにたくさんあります。チーズの名前を言ってみてください。フランスにはそれがあるのです。

In France you can find a good selection of cheese at the supermarket, but for those who want a more traditional, handmade taste, local markets and specialized shops are the best bet.

フランスでは、スーパーに行けばチーズが豊富にそろっていますが、もっと伝統的で手作り感のある味を求める人には、市場や専門店が確実です。

Back home, my family would always have at least three types of cheese in the fridge. We would eat cheese after a meal just before dessert and as a snack in the afternoon. You can make sandwiches for when going out or bake a salty cake with the leftovers. There days, when I return home for the holidays, my parents will stock between five and 10 kinds in the fridge.

私の故郷では、家族はいつも、少なくとも三種類のチーズを冷蔵庫に常備していました。朝食に、焼き立てのバゲットと共に食べたものです。食後には、デザートの前にチーズを食べましたし、午後の軽食としても食べました。出かけるときにはサンドイッチを作りますし、残り物を使っておかずパンを作ることもできます。最近では、私が休暇で実家に変えるときは、両親が5~10種類を用意してくれています。

Japan also produces delicious cheese, and many local operators in Hokkaido are creating their own varieties with much success. As a Frenchwoman living in Tokyo, I am looking forward to the time when I will be able to purchase as many different cheese as my home country has, and even bring some beck as a souvenir!

日本も素晴らしくおいしいチーズを生産していて、北海道の多くの地元業者が、特徴あるチーズを作り出すのに成功しています。東京に住む一人のフランス人として待ち望んでいるのは、古郷フランスにあるのと同じだけの異なる種類のチーズを(日本で)購入できるようになること、さらにはそのいくつかをお土産として、古郷に持って帰ることです!

作成者: hijirishinn

中学校で不登校になり、教養やマナーといった常識も全くなく、キャリアもスキルも何もない、大食いと足の大きさだけが取り柄の20代前半男です。学生時代の頃は、ほとんどの時間をアルバイトとゲームに費やしました。お陰で社会に出てから自分の常識のなさが情けなく、馬鹿なりに毎日勉強しています。

「多彩なチーズ—とにかく何でも、フランスにはあります」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です