カテゴリー
学習 英語

外国暮らしの戸棚にある、愛すべき食品たち

Comfort foods found in a British expat’s cupboards

Is British food really as bad as its reputation suggests? As much as this Brexile loves his home comforts, a quick look inside my kitchen cupboard to see the Brit ” classics” hoarded there wouldn’t do much to convince otherwise.

英国の食べ物って、世間の評判ほど本当にまずいのでしょうか?この英国離脱者(筆者)は日常生活を快適にしてくれるものを愛していますが、英国の「定番食材」がため込まれているか自宅の台所の戸棚をざっと見たところで、英国の食べ物はまずくないと確信できるわけではありません。

Marmite, a dark, gooey, yeast extract, is present in several jars in case of an emergency. I love the stuff, but even in the U.K. it has its detractors. An Italian friend who once asked for a bite of my Marmite on toast got a nasty shock when his expectation of a sweet, treacle-like taste was confronted with the reality of the pungent, salty flavor assaulting his taste say that it won’t be appearing on his pizza anytime soon.

マーマイト(黒っぽくべとべとした酵母エキス)は、緊急時に備えていくつか買い込んでいます。私はこの代物が大好きですが、英国にさえも悪く言う人はいます。ある時私のマーマイトトーストを一口くれといったイタリア人の友人は、ひどい衝撃を受けていました。甘い、糖蜜のような味を思い浮かべていたところに、強烈な刺激の塩辛さが、突然味蕾を襲ってくるという現実に直面して。彼がなんていったかですか?とりあえずは、マーマイトが彼のピザに乗ることは当分ないと言っておくことにしましょう。

Also gracing the shelves are cans of baked beans; they’re haricot beans stewed in a sweet, bland tomato sauce. Served on white toast with butter, they are up there with fish and chips and roast beef as a contender for Britain’s national dish – a must for any self-respecting post Brexit stockpile.

同様に棚を美しく飾っているのは、ベークトビーンズの缶。これは、甘くて水っぽいトマトソースで煮込まれたインゲン豆です。バターを塗った白パンのトーストに乗せて供され、英国の国民食の候補として、フィッシュアンドチップスやローストビーフに肩を並べています。ブレグジット後の、だれしもの誇り高き備蓄の必需品です。

Then there is the Branston Pickle, a chutney apparently packed with a variety of vegetable in a slick of sugar and vinegar. Again, I think it’s delicious on toast, but foie gras it ain’t.

そして、ブランストンピクルスがあります。様々な野菜が詰まったように見えるチャツネで、砂糖と酢の中で、元の姿が分からなくなっています。こちらもまた、トーストに乗せると最高だと思いますが、フォアグラには合いません。

Thankfully, there days Britain is a hub for world-class inter-national cuisine. But a friendly warning to Japanese visitors: Save any sushi cravings for your return home, unless you harbor a passion for cucumber and stodge.

ありがたいことに、今では英国は世界レベルの国際的な料理の中心地です。ただ日本人の訪問者に友好的な忠告を。無性に寿司が食べたくなっても、帰国するまで我慢してください。キュウリや胃にもたれる食べ物に熱い思いを持っていない限りは、ですが。