カテゴリー
学習 英語

脳が間違いを犯すとき、あなたは気づくことができますか?

Can you recognize when your brain makes a mistake?

Have you ever heard of cognitive dissonance? You don’t need to memorize these big words, but they represent a problem everyone has experienced.

認知的不協和について耳にしたことがあるでしょうか。この難解な言葉を覚える必要はありませんが、だれしも経験していることを言い表してます。

Cognitive dissonance simply means that sometimes there is a gap between the image in your brain and reality. Instead of accepting reality, your brain decides that reality is wrong. For example, imagine you met a man who was 140 centimeters tall and he said he was a basketball player.

簡単に言うと、脳裏に浮かぶイメージと現実の間には、時としてずれがあることを意味します。現実を認めるのではなく、現実の方が間違っていると脳が思いこむのです。例えば、身長140センチの男性に会い、彼が自分はバスケットボールの選手だといったと想像してみてください。

Your brain has an image of very tall basketball players. So you think, That’s not possible. Maybe I heard wrong. Or maybe he made a mistake.

あなたの脳には、とても背の高いバスケットボール選手たちのイマージがあります。ですからあなたはこう思うのです。「まさかそんなはずはない。たぶん聞き間違えたんだ。もしくは、彼が言い間違えたのかもしれない」と。

My most vivid memory of cognitive dissonance is from my early days in Japan. I taught a class with only three boys. My story is about Nozomi, the youngest boy. I taught Nozomi every other week. One day, I ran into Nozomi’s father. He was really happy to see me. but he said, Thank you for teaching my daughter. DAUGHTER?! He must mean son. Or maybe my Japanese is not so good, and I’m mixing up the words for son and daughter.

私の最も鮮明に残っている認知的不協和の記憶は、日本に来てまだ日の浅いころのものです。生徒がたった3人の少年しかいないクラスを教えていました。話は最年少の男の子だった「ノゾミ」についてです。私は隔週でノゾミに授業をしていました。ある日、ノゾミの父親にばったり会いました。彼は私に会ってとても喜んでいましたが、一つびっくりすることを言いました。彼は、「娘を指導してくれてありがとう」といったのです。むすめ!?息子というつもりだったに違いない。それとも私の日本語が未熟で、息子と娘をあらわす単語を混同しているのかも。

The next time I went to that school, I checked the file. Nozomi really was a girl! With her hair cut short, a unisex name and being in a class with two boys, I’d just assumed she was a boy, too.

次にその学校に行ったとき、書類を確認しました。ノゾミは、本当に女の子でした。短く切りそろえられた髪、男女両方に使える名前、学級には二人の男の子、ということから、彼女も男の子だと思いこんでしまっていたのでしょう。

The human brain is such a powerful tool. It can do amazing things. But, sometimes, even our brain can make mistakes.

人間の脳は、とてつもなく強力な道具です。素晴らしいことが出来ます。でも時に、そんな脳でさえ間違いを犯すこともあるのです。