カテゴリー
学習 英語

日常の何気ない瞬間が恐怖に変わる時

What happens when everyday activities turn frightful?

I was president of the Japanese Culture Club when I was a university student in the United States. The aim of the club was to help Japanese exchange students feel welcome and to have language/culture exchange sessions.

米国で大学生だったころ、日本文化クラブの代表を務めていました。そのクラブの目的は、日本人の交換留学生を温かく迎えて、多大の言葉と文化を教え合う集まりを開くことでした。

Every couple of weeks we would have a party at my apartment to cook Japanese and western dishes, watch movies or just hang out. One of these parties took place over Halloween weekend, and we decided to watch the Japanese psychological horror film Ringu.

2,3週間おきに私のアパートでパーティーを開き、和食や洋風の料理を作ったり、映画を見たり、ただ何もせずにのんびり過ごしたりしました。こうしたパーティーの一つが、ハロウィーンの週末に開かれ、私たちは日本のサイコホラー映画の「リング」を見ることにしたのです。

I knew very little about this movie, but I had heard that Japanese horror movies were quite scary. The movie started and finished, and by the end I was somewhat disappointed. I didn’t find the movie scary nor did it leave an impression at all until the cliche happened: My phone rang.

私はこの映画についてほとんど知らなかったのですが、日本のホラー映画はかなり怖いとは聞いていました。映画が始まり、終わったころには、私は少々がっかりしていました。映画は怖くなかったし、何の印象も残さなかったのです。お約束の出来事が起きるまでは・・・。家の電話が鳴ったのです。

If you have seen the movie, then you understand the significance of this. Some jumped and some screamed, but all were scared. The room went silent as I answered the phone. Dead. No one was there.

この映画を見たことがある人なら、この意味が分かるでしょう。ビクっとする人、悲鳴を上げる人、とにかく全員が恐怖にかられました。部屋がしんと静まり返る中、私は電話に出ました。しーんとして、誰も応答しなかったのです。

I hung up the phone thinking that it was an interesting coincidence. We all laughed at ourselves for overreacting and continued with the party.

面白い偶然だなと思いながら私は電話を切り、私たちは過剰に反応しと事を笑い合い、パーティーを続けました。

A couple of hours later, everyone left and I went to brush my teeth. I stood in front of the mirror brushing my teeth thinking of how disappointed I was with the movie.

数時間後、皆が帰り、私は歯を磨くことにしました。鏡の前に立って歯を磨きながら、映画には本当にがっかりさせられたなと感じていました。

I leaned forward to rinse out my mouth, and that’s when my disappointment turned to fear with three simple words: She’s behind you.

口を漱ごうと前かがみになったその時、短い三つの言葉が頭に浮かび、失望が恐怖に変わりました。「彼女は後ろにいる」