カテゴリー
学習 英語

教習所で現実世界の体験をすることができました

Getting real-world experience in driving school

In rural Canada, where I grew up, most people learn to drive at age 16. In my case, I moved to Vancouver when I was a teenager and became a dedicated public transit user.

私が育ったカナダの田舎では、ほとんどの人が16歳で自動車の運転を習います。私の場合、10代でバンクーバーに引っ越し、熱心な公共交通利用者になりました。

It wasn’t until my daughter started getting too big to ride with me on my bicycle that I realized I would have to get my driver’s license and buy a car.

娘が大きくなり始めて私の自転車に同乗できなくなるに至って、運転免許証をとって車を買わなくてはならないと悟りました。

I enrolled in driving school in Tokushima at the age of 33. I took classes when I could find the time, usually while my daughter was at preschool. Most of the other students were about 18 years old.

33歳の時に徳島の自動車教習所に入校しました。時間がある時、たいてい娘が保育園に行っている間でしたが、授業を受けました。ほかの生徒たちの多くは18歳くらいでした。

I chose to drive manual transmission because I wanted to get as much value as possible out of my tuition. The teens learning automatic transmission got to use shiny new cars, while I had to drive around in what looked and felt an old taxi.

私は、できるだけ授業料の元を取りたかったので、マニュアル車を選びました。オートマチック車を選んだ10代の子たちはピカピカの新車に乗るっことが出来た一方、私は見た目よりも乗り心地も古いタクシーのような車を運転する羽目になりました。

I drove around a small practice course at first, which was also used as a small farm. Yes, there were people out there harvesting oranges and persimmons as I drove in circles, practicing stopping and starting on a hill without rolling backwards, parallel parking, and looking both ways at the mock railway crossing.

最初は、小さな農場としても使われている小規模なコースを運転しました。つまり、私がぐるぐる車を走らせたり、坂道で後退しないように車を停止したり発車させたり、縦列駐車をしたり、模擬の踏切で左右を確認したりしているとき、かんきつ類や柿を収穫している人たちがいたのです。

The motorcycle garage was where they hung onions to dry. There was even a rusty old stove for burning branches and dry leaves. One day it was in use, and there was smoke and ash in the air along the track. Perfect practice for the real world!

オートバイ用のガレージはタマネギをつるして乾燥させる場所でした。枝や枯葉を燃やす、さびた古いストーブまでありました。枝や枯葉を燃やす、さびた古いストーブまでありました。ある日、そのストーブが使われていて、道路沿いに煙と灰が舞っていました。(教習所外の)現実世界への申し分ない練習になりました!